医療脱毛とはどんなものか

脱毛の施術を受ける場所といえば脱毛エステのサロンなどを思い浮かべる方も少なくありませんが、医療レーザーなどを使用したいわゆる永久脱毛と呼ばれるものは、医療脱毛であくまでも医療行為にあたります。法律に従って脱毛エステでは医療レーザーが使える医療機器を使って医療脱毛をすること禁じられています。そのため脱毛エステのサロンでは医療機関で取り扱っている医療レーザーはお客様に使うことができません。脱毛エステで使用する脱毛マシンはムダ毛に照射される光の出力が弱いので、無駄毛のセルフケアが不必要になる状態にまで脱毛するのに時間をかける必要があります。

美容外科クリニックなとの医療機関で行っている医療脱毛はお客様それぞれの予算や脱毛にかけることができる期間などを考慮して、永久脱毛を施すようにしています。とはいっても、医療機関で行われる脱毛なら、どの医療機関でも安心だという訳ではなく、確実で安全な脱毛を受けるためには、派手な広告や施術費だけに囚われないようにすることが重要です。ムダ毛は皮膚から出ている部分を毛幹といい、皮膚より下に潜っている部分を毛根といいます。毛根の膨らんできる部分は毛球といい、毛球の先端にある毛乳頭という組織が栄養を毛細血管から吸い上げてムダ毛を伸ばしてしまいます。

毛乳頭がムダ毛が生えたり伸びたりするのをコントロールしているため、毛母細胞が活動している限りは、何度ムダ毛を抜いても、どんどんに生えてきてしまいます。永久脱毛は、医療レーザーで毛母細胞を破壊してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *