脱毛部位によって痛みの強さが違うのはなぜか

レーザー方式やフラッシュ方式などの脱毛方法は現在最も人気があり、全身様々な部位に施術が可能です。

全身脱毛は腕や脚、ワキやデリケートゾーンなど様々な箇所が含まれていますが、施術部位によって感じる痛みの強さが違うということをご存知でしょうか。特に痛みが出やすいのがVIOと呼ばれるデリケートゾーンで、反対に痛みが出にくいのが顔や背中などです。なぜ施術部位によって痛みの強さに違いがあるのかというと、脱毛のメカニズムとメラニン色素の多さに関係があります。

レーザー方式やフラッシュ方式は、ムダ毛をなくしたい部分に特殊なレーザーまたは光を照射し、毛根部分に熱を加えて細胞にダメージを与えることによりムダ毛の成長を抑えるというメカニズムの脱毛法です。ポイントはムダ毛が持つメラニン色素で、レーザーと光はメラニンの有無に応じて反応し、黒々としたムダ毛に対しては強い熱ダメージを発生させます。

そのため毛量が多くてムダ毛一本一本が太くしっかりしているデリケートゾーンは効果が出やすく、その分熱ダメージによる痛みを強く感じることになります。一方で顔や背中に生える薄い産毛のようなムダ毛に対しては、レーザーと光の作用が出にくいため脱毛効果が現れるスピードは遅くなりますが、施術時に感じる痛みは少ないという特徴があります。もともとムダ毛にメラニン色素がほぼ存在していない生まれつきの金髪の人は全身どの部位であっても効果が出ませんので、レーザー方式とフラッシュ方式は不向きとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *